国内格安航空券サイトe航空券.com 予約宿名人 父の日・ギフト・花束・母の日

プロフィール

ゆずひこ777

Author:ゆずひこ777
ゆずひこ、ことゆずと申すものです
当サイトに使用されている画像、文章などのデータを無断で転載、
複製等しないで下さい。

くろックCute BC01

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング

ランキングに参加中↓応援してくださいね

FC2Blog Ranking

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

奇跡

よくみなさんは奇跡という言葉を聞いたことがあるだろう
絶対助からない状態から生還したとか
絶対の負け試合から逆転したとか
まあ色々あるだろう
まるで神様が手をだしように見えることから奇跡と呼ばれているものだが
実際たくさんある中の一つのことが目立っているだけに過ぎないのだ
いわゆる確率の問題である
たとえば病気で手術の確率は1パーセントといわれたとしましょう
100人のうち1人が助かる確率ですから
助かったとしても奇跡でも何でもないんですよ
まあこのお医者さんが同じ事例を100件中100人とも助けたらまさに奇跡ですが
そんなことは現実ありえないのですー0-
奇跡というのは人間が創り出した思い込みなのかもしれません
これと一緒で思い込みというのは恐ろしいもので
今の時代凶悪事件が増えてるように見えますよね
しかし確率の問題からすると
昔とそんなに変わってないのです
テレビや新聞。メディアの植え込みなどで
昔より事件が増えてると勘違いしてるだけなのだ
人間というのはあやふやなものだとわかる記事でありました
スポンサーサイト

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

<< 最近の注射事情 | ホーム | ソフトバンクの謎 >>


コメント

たくさんある事柄のうち一つが目立っているからこそ、奇跡なんですよ。
たとえば、物質が空に浮くことだって、自由に動き回っているすべての原子の動きが「上方向へ」一致すれば、ありえることなんです。
限りなくゼロに近いですが、ありえる。100人中100人助けることも、確率上は「ありえる」んです。
ゼロに近い確率のことが起こったとき、人は「奇跡」を目にするんですよ。

まいた殿
そうですな。さすがまいた殿の言葉は深いです
凡人の僕などまだまだです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


アフィリエイト・SEO対策
コロナ犬舎
健やか総本舗亀山堂