国内格安航空券サイトe航空券.com 予約宿名人 父の日・ギフト・花束・母の日

プロフィール

ゆずひこ777

Author:ゆずひこ777
ゆずひこ、ことゆずと申すものです
当サイトに使用されている画像、文章などのデータを無断で転載、
複製等しないで下さい。

くろックCute BC01

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング

ランキングに参加中↓応援してくださいね

FC2Blog Ranking

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車

みなさんこんばんわ
一度は自転車を盗まれたことがある人もいることだと思う
電車に乗るために駅とおいて置いたり
ちゃんと鍵をかけておいたのに
ちょっとスーパーに行くとき。コンビニなどで
ちょっとの時間だから鍵をかけなくてもいいかなって思う
安心
それが間違いでなくなっていたことはあると思う
なんてことだ。世の中には悪魔が
ひどいやつがおると思う出来事である
人のことを信用できなくなってしまうのだ
この自転車の防犯知識が色々あるのだが
一つは鍵を2つかけるとか
防犯ステッカーを貼るとかである
テレビでやっていたのだが
名前や住所を書いてはだめらしい
なぜかと思う人もいるが
子供とかに前逢ったことあるよねとか
その自転車の情報を使ってたくみに声をかけてくるなど
どこどのなになにちゃんだよねとか
いって
だから張るのは間違いらしい
ほほうと納得してしまう
ゆずはなぜか盗まれたことがあるのだが
からならず戻ってくるのだ
結構ショックな出来事なので
盗まれないように最新の注意をはらってくれたまえ

 
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 上げてうれしいプレゼント | ホーム | 日本一 >>


コメント

No title

ゆずさんこんばんわ~!
日本では自転車をたくさん乗りますよね。韓国ではあまり自転車に乗らないので、私も自分の自転車は持っていないんですし、盗まれた経験もないです。しかし、日本で留学しているとき、友達が自転車を盗まれて大変な目にあったことを聞いたんです。それも2台も盗まれちゃってその後は自転車は使わなかったんですが、、、本当に注意しないといけないみたいですね

なるほどね(^_^;)

私も自転車、盗まれたことがありますよ。
半年ぐらい経ってから隣の市の交番から
「見つかりましたから取りにきてください」と電話が
あったことも(^_^;)

名前とか書かない方がいいんですね。
娘が高校生になったら自転車通学になるかもしれない
ので、勉強になりました(^_^)

No title

わわわっ
私自転車に名前かいてある!!やばいです!
盗まれないようにしないと><
盗む人ってどんな人なんでしょうか・・・

No title

こんばんヌン☆
ベリエの友人は車を盗まれました(新車)
家の駐車場に停めてたら・・・
翌朝には無くなってたのだ~
1週間位で見つかったけど・・・
内装がボロボロだったそうです
怖い世の中です(-_-;)

乗り捨て

自転車は軽いからバイクより盗みやすいものね。
それに乗り捨ては盗みとは別の意識らしいわ。
それって返したことにはならないのにね。
でも自転車の場合は盗んでそのまま乗り続けるってことは殆どなくて
どこかに乗り捨てておしまい。
だから罪の意識が薄いのね。
私はマウンテンバイクでしかも高級品なので置きっぱなしにしたことはありませんね。
スタンドも無いし。
ママチャリは一番盗みやすいんですってよ。
持ち主が気をつけるしかないってのが情けないけど現状ですね。

No title

セミさんこんばんわ
へえ韓国の方はあまり
自転車乗らないんですか
初耳です
ぜひ注意してくださいね

ひろぴょんさんこんばんわ
半年ですか
微妙ですね。もう買った後とかですか

レイさんこんばんわ
うーん悪い人かな
やっぱりーー

ベリエさんこんばんわ
新車は痛いですね
しかも一週間で
内装ぼろぼろって
一体?
怖すぎです
家の前でって

マコトさんおこばんわ
確かに乗り捨ては
軽い感覚でやちゃうひとが多いんでしょうね
窃盗って感覚があまりないんでしょうね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


アフィリエイト・SEO対策
コロナ犬舎
健やか総本舗亀山堂
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。